読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

インフラのことだったりプログラムのことだったりどうでもいいこと書いたり。要は雑記。

MEANスタック環境の構築

MEANスタック環境を構築してみる

ちょっとした管理ツールを作る必要が出てきたので、どうせなら面白く作りたいなーと思い話題のMEANスタックで作ってみようかなーと。 今回はお試しで環境の構築まで。

前提環境

  • OSはCentOS6
  • Vagrant環境
  • ほぼまっさらな状態で作業

環境の構築

node.jsのインストール

$ sudo yum install nodejs npm

mongodbのインストール

/etc/yum.repos.d/mongodb.repo

[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=0
$ sudo yum install mongo-10gen --enablerepo=mongodb
# /etc/init.d/mongd start
# chkconfig mongod on

gruntのインストール

$ npm install grunt-cli

環境よごしたくないので、-gオプションはつけていません

mean-cliのインストール

$ npm install mean-cli

環境よごしたくないので、-gオプションはつけていません

node_moduleのPATHを通す

.zprofile

PATH=$HOME/node_modules/.bin:$PATH

読み込み

source .zprofile

ひな形作成~起動

ひな形作成

$ mean init sampleMean

ここでプロジェクト名とどのビルドツールを利用するか聞かれます

パッケージインストール

$ cd sampleMean && npm install

ListenIP変更

sampleMean/config/env/development.js

hostname: '0.0.0.0',

上記を追記。

起動

$ grunt

アクセス