雑記

インフラのことだったりプログラムのことだったりどうでもいいこと書いたり。要は雑記。

ImageMagick-lastをAmazonLinuxにインストールする

AmazonLinuxでインストールできるImageMagickは若干バージョンが古いです。 最新版をパッケージでインストールするにはremiから入れればいいのですが、普通にやると依存関係でエラーがでます。

エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libHalf.so.6()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libIlmImf.so.6()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libgdk_pixbuf-2.0.so.0()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libIex.so.6()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: librsvg-2.so.2()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-devel-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: OpenEXR-devel(x86-64)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libImath.so.6()(64bit)
エラー: パッケージ: ImageMagick-last-libs-6.9.1.2-1.el6.remi.x86_64 (remi)
             要求: libIlmThread.so.6()(64bit)

手取り早く解決するためにCentOSのBaseレポジトリを利用すればよいです。

レポジトリの追加

CentOS-Base

[base]
name=CentOS-6 - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=6&arch=x86_64&repo=os
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

remi

ImageMagick-lastを入れるために利用

# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

インストール

これでImageMagick-lastをインストールすればよいと思いきや、今度はlibwebpで依存関係がでます。 AmazonLinuxだとlibwebpのバージョンが0.3だから? なので、epelからwebpをインストールするようにすればOKです。

先にlibwebpだけをインストール。

# yum install libwebp-devel --enablerepo=epel --disablerepo=amzn-main

で、ImageMagickをインストール

# yum install ImageMagick-last ImageMagick-last-devel --enablerepo=epel,base,remi

参考

広告を非表示にする